BLOG ケーブラッシュブログ

超薄肉の高周波同軸ケーブル用銅管を連続的に製造します

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高周波同軸ケーブルアプリケーション

<<超薄肉高周波同軸ケーブル用銅管の製造が可能!>>

Nexans社製「NanoWEMA」造管ラインにグリーンレーザーを装備する事で、超薄肉の高周波同軸ケーブル用銅管を連続的に成型&溶接⇒造管する事が可能です。

NanoWEMA5.jpg

〇 「NanoWEMA」が高周波同軸ケーブル用銅管の製造に寄与する事は?

高周波同軸ケーブルでは、銅管の表面のみが導電特性に影響します(表皮効果=Skin Effect)。
⇒ よって、薄肉であればあるほど、材料コストを削減できます!

〇 高周波同軸ケーブルの代表的なアプリケーション:

- 携帯基地局用アンテナ
- 携帯ネットワーク受信用トンネル配管
- 放送タワー(電波塔)

〇 高周波同軸ケーブル製造時、「NanoWEMA」がもたらす利点とは?

- 0.08~0.15㎜の肉厚管を製造できるため、製品重量や材料コストが抑える事が可能
- TIG溶接時の電極の消耗がない為、全製品長において一定の溶接シーム品質を得る事が可能
- IR(赤外線)溶接よりも高い強度及び電気値

highfrequency.jpg

関連情報
Nexans社NanoWEMA造管ラインについては、こちらも参照ください!(一般)
Nexans社NanoWEMA造管ラインについては、こちらも参照ください!(グリーンレーザー)
Nexans社NanoWEMA造管ラインについては、こちらも参照ください!(熱交換器用銅管アプリケーション)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加