プラズマ窒化装置 | 最先端の窒化処理技術

TOP > 製品情報 > 鉄、非鉄金属用 工業炉 > 鉄、非鉄金属用 工業炉 > プラズマ窒化装置 | 最先端の窒化処理技術

進化した最先端のホットウォール技術

プラズマ窒化装置 | 最先端の窒化処理技術

型番
PN70/120
メーカー
Rubig
業種
  • 自動車
  • 電気機器
  • 印刷・包装
  • 電子部品・半導体
  • メディカル
  • 鉄鋼
  • 非鉄金属
  • 研究開発

商品説明

プラズマ窒化処理は、イオン窒化とも呼ばれています。
減圧下で水素・窒素雰囲気中で処理部品を陰極、炉壁を陽極として電圧を印加してグロー放電を発生させ、表面に窒化層を形成させる方式です。
比較的低温(通常Fe-N共析温度592℃以下、主に480から550℃)で処理するため歪みが少なく、後工程が不要となります。アンモニアレスで有害物質の排出がないプラズマ窒化プロセスは、 人と環境に優しい表面改質技術です。

航空機エンジン用部品・自動車摺動部品・プラスチック金型・武器用部品等、耐摩耗性・耐腐食性が高度に要求される部品の処理に広く採用されております。

今年70周年を迎えたRubig社は、鍛造工場・熱処理工場・装置製造会社の3グループ体制です。自社の鍛造・熱処理工場で培ったノウハウを装置開発に生かしながら、最新の技術で環境に優しい窒化装置を製造し、世界中に供給しております。

Rubig製プラズマ窒化装置は、高度な温度制御システムによって、 量産性と高品質性を兼備しており、貴社製品の離型性・潤滑性・耐摩耗性・耐腐食性等の向上に最適です。

商品特徴

○進化したホットウォールテクノロジー「3ゾーン加熱・冷却」方式により、優れた均熱性を実現。
○対流加熱により温度分布が向上、混載や量産処理が可能となり、対流冷却との併用で処理サイクルの短縮化を図りました。
○直接ワークピースを測温することで、信頼性の高い正確な温度測定制御を実現。
○マイクロパルス放電制御により、ワークピース表面上はアーク損傷や過熱することなく窒化処理が行われ、平滑性を損なわずに仕上がります。
○多彩な窒化処理が可能です。

メールフォームからのお問い合わせ

メールフォームからのお問い合わせは、お問い合わせ内容ごとに下記ボタンよりフォームへおすすみください。

お電話でのお問い合わせ

[ 東京 ]03-5560-7591

[ 大阪 ]06-6271-3235

受付時間:平日9:00~17:30

FAXでのお問い合わせ

[ 東京 ]03-5560-7595

[ 大阪 ]06-6266-1060

24時間受付

製品検索