竪型ゴム射出成型機 G10シリーズ

TOP > 製品情報 > ゴム製造関連 > ゴム製造関連 > 竪型ゴム射出成型機 G10シリーズ

REP社最新世代のゴム用射出成型機!

竪型ゴム射出成型機 G10シリーズ

メーカー
REP International
業種
  • 自動車
  • 電気機器
  • 印刷・包装
  • 電子部品・半導体
  • メディカル
  • 鉄鋼
  • 非鉄金属
  • 研究開発

商品説明

REP社が市場に投入した最新第10世代のゴム専用射出成型機です。長年にわたる改良の結果、最適な効果と生産性のために人間工学に基づく丈夫なデザインで、唯一無二の射出技術を兼ね備えた装置となりました。

商品特徴

<3ステップクロージングユニット>
● コンパクトで広い開口ストローク、簡単なメンテナンス性とシール性能の向上
● より良い操作性
● 省スペース、低作業高、側面、背面の可視性を向上

<大型スクリーン>
● 21.5インチのマルチ画面でプログラミングとモニタリングを同時に行えるようになりました。 

<3ステップクロージングユニット><br />● コンパクトで広い開口ストローク、簡単なメンテナンス性とシール性能の向上<br />● より良い操作性<br />● 省スペース、低作業高、側面、背面の可視性を向上<br /><br /><大型スクリーン><br />● 21.5インチのマルチ画面でプログラミングとモニタリングを同時に行えるようになりました。 

特徴

射出ユニットのヒーターバンドに改良を施す事で、ゴム可塑化段階での省エネ性を15%改善。 
上部トラバースとヒーター間断熱性能向上により加熱時のエネルギーを16%削減できるようになりました。 
大型装置でも低床性を実現。500トンを超える大型機でも作業高はたったの900mm。ピット工事などの手間がなく設置、そして作業性の良さを提供します。
もちろんREP独自技術であるTurbocure?も搭載可能!
Turbocurer?を用いることで加硫時間の短縮、生産性アップが見込めます。
Turbocure?の詳細はページ上部のリンクをクリックしてください。

特徴

G10シリーズスペック表

<ゴム射出成形機V510> 
◆ 型締圧:300トン 
◆ ヒーターサイズ:最大630×630mm 
◆ 作業高:887mm-1166mm(金型厚による) 
◆ 機械寸法(WDH):2726×1200×3757mm(1000cc射出ユニット時) 
◆ 開口ストローク:400mm 
◆ 重量:7235kg 
※2000cc射出機搭載時、最大高さは4494mm、重量7635kgとなります。

<ゴム射出成形機V710>
◆ 型締圧:500トン 
◆ ヒーターサイズ:最大800×800mm 
◆ 作業高:900mm 
◆ 機械寸法(WDH):3031×1746×4577mm(2000cc射出ユニット時) 
◆ 開口ストローク:500mm 
◆ 重量:14225kg 
※5000cc以上射出ユニット搭載時は重量、高さが異なります。 

●その他のゴム射出成形機も続々G10モデルへ!詳細はお問い合わせください。

REP社とは

REP社は1907年Robert Esnalt Pelterieによって設立され、世界で初めてゴム専用の射出成型機を世に送り出した会社です。全世界50カ国以上へ小型機から特注の大型機まで述べ1万台以上の装置を販売してきております。
 フランスに拠点に北米、ヨーロッパ、アジア、幅広い地域へネットワークを広げ迅速なアフターフォローを実現しております。

メールフォームからのお問い合わせ

メールフォームからのお問い合わせは、お問い合わせ内容ごとに下記ボタンよりフォームへおすすみください。

お電話でのお問い合わせ

[ 東京 ]03-5560-7591

[ 大阪 ]06-6271-3235

受付時間:平日9:00~17:30

FAXでのお問い合わせ

[ 東京 ]03-5560-7595

[ 大阪 ]06-6266-1060

24時間受付

製品検索