各種製造ラインに最適な産業機械を提供する
トータルソリューション・パートナー

コイル巻線機用 テンションコントロールユニット

TOP > 製品情報 > 製造ライン付帯設備 > 巻線機及び関連装置 > コイル巻線機用 テンションコントロールユニット

デモ機貸出あり

コイル巻線機用 テンションコントロールユニット

型番
CWF
メーカー
BTSR
業種
  • 自動車
  • 電気機器
  • 印刷・包装
  • 電子部品・半導体
  • メディカル
  • 鉄鋼
  • 非鉄金属
  • 研究開発

商品説明

繊維機械用テンション装置のトップランナーBTSR社から新製品 「コイル巻線機用 テンション装置」が登場しました。

商品特徴

■ CWF(Coil Winding Feeder)
特許取得済のデュアルドライブ フィーディングシステムを採用しています。
送り出しテンションと線速を同時に制御し、常に一定の巻取り張力を維持します。
その結果生産工程を最大限効率化でき、最大線速で生産が行えるようになります。

■ テンションプロファイル機能(特許)
インターフェイスもしくは巻取り装置に接続することなく、3種の送り出しテンションをプログラムすることが可能です、また巻取り中に4種のテンションを設定し、そのうち、2種をデジタル出力することが可能です。

■ 巻締まり・巻緩み防止機能(特許)
巻線中の巻締まり・巻緩みを防止し、送り出しテンションを設定値に保ちます。

■ 高性能 モータートルク コントロールシステム(特許)
入力:送り出しテンションの変化をモータートルクで検知・調整して不要な伸びを防ぎます。

LWA 消費ワイヤ長管理システム

トータルアウトプットコントロールは下記の要因を検知します。

○ 巻取機コイル形状寸法変動
○ 間違ったワイヤ寸法
○ 巻取機側マンドレル設定不良
○ ワイヤガイド内のゴミの蓄積
○ ワイヤガイド損傷
○ フィーダー後の接点での物理的摩擦や変動
○ コイル巻線機の機械パーツ劣化
○ コイル巻線機での温度差

技術仕様

○ 設定可能テンション範囲: 5~2000g(cN)
○ 線径: 0,02~0,6mm = 58~23 AWG
○ ワイヤテンション設定分解能:0.1/1g.
○ 送り速度: 0.1~25 m/s = 6~1500mt/min
○ LWA機能(ワイヤ消費量の正確な測定): 分解能 0.1mm.
○ プログラミング: CWF 2000エディタ/CANBUS /ユーザーインターフェイス 485.
○ 小型設計:325x251x70mm
○ 供給電圧:24VDC ± 10% ~ 24 VAC ± 20%.
○ 特殊ユニバーサルデザインの簡単取付

テンションを一定に保ちます

ワイヤ供給テンション(赤)やワイヤ速度(緑)が変動してもアウトプットワイヤテンションは常に一定で保たれます。

テンションを一定に保ちます

PCリンクスタジオ CWF2000

CWF2000とPCリンクソフトを利用する事で複数の巻線機を制御する事が可能です。

PCリンクスタジオ CWF2000

メールフォームからのお問い合わせ

メールフォームからのお問い合わせは、お問い合わせ内容ごとに下記ボタンよりフォームへおすすみください。

お電話でのお問い合わせ

[ 東京 ]03-5560-7591

[ 大阪 ]06-6271-3235

受付時間:平日9:00~18:00

FAXでのお問い合わせ

[ 東京 ]03-5560-7595

[ 大阪 ]06-6266-1060

24時間受付

製品検索