BLOG ケーブラッシュブログ

モーター駆動式 金型搬送用プリローラ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

目次


モーター駆動式プリローラとは?
フリーローラ式との違い
動画~実際にモーターローラを操縦する
特徴
ラインナップ
関連情報


モーター駆動式プリローラとは?



プレス機には、上側の金型を固定するスライドと、下側の金型を固定するボルスターがあります。

プリローラとは、プレス機のボルスターの前に取り付ける金型搬送用のローラです。金型の交換時に、プリローラをプレス機の下側のボルスターへ取り付けて、ローラー上を滑らせて金型を出し入れするのに使います。

フリーローラー式が一般的で、プリローラに乗せた金型は、作業者が手押しで搬入搬出します。

そして、
モーター駆動式プリローラーとは、モーターローラを搭載することで、金型を手押しで搬入する作業を無くし、金型の搬送を安全・簡単にしたプリローラです。

ローラーに乗せた金型は、作業者が遠隔でリモコンで操作しますので、重量物の金型を安全・簡単に搬送することができます。



フリーローラ式プリローラとの違い

 

フリーローラ式のプリローラは、ローラーの上に金型を乗せた後、人力で金型を動かす必要があります。

写真:プリローラ上の金型を手で押す
copy_freerollerhandpush.png



一方、
モーターローラ式のプリローラは、ローラーの上に金型を乗せた後、金型をリモコンで操縦します。作業者は、重量物の金型から離れた位置で、安全・簡単に金型搬送作業ができます。



動画~実際にモーターローラを操縦する


モーター駆動プリローラの動画(66秒)をYoutubeでご視聴いただくことができます。






動画を解説


1.プリローラをボルスターへフックで接続します。動画では、本物のプレス機のボルスターの代わりにデモ用テーブルを使用しています。

2.作業者がリモコンでローラー上の金型を操縦します。

3.金型をプレス機(デモ用テーブル)に搬入したらフックを外して作業終了です。


作業者は、金型から離れた位置で安全・簡単に金型搬送作業を行うことができます。




特 徴



プレス機への金型の搬出入作業が電動化!

copy_motorpreroller.png



シンプルなリモコン操作!
  
copy_motorrollerremote.png



金型落下防止用ストッパー標準装備!


copy_motorrollerstopper.png



ラインナップ

 

型式 耐荷重 金型搬送長
     
EPRM40-1250 40kN 1250mm
EPRM60-1600   60kN 1600mm
EPRM80-1600 80kN 1600mm
EPRM120-2000 120kN 2000mm
EPRM150-2000 150kN    2000mm    

※「N」(ニュートン)は、力の大きさを表す単位の一つです。
1kg重は、約9.8N。1kNは、約102kg重です。

 

関 連 情 報

 金型開閉機 OPTIM 動画初公開!をみる

最大15トン!バッテリー駆動式ハンドトラックをみる

上下の金型を開閉する機械”ダイスプリッタ”をみる

左右の金型を開閉する機械”金型検査用システム”をみる

マグネットクランプシステムをみる

射出成型機の金型の中を除電をみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加