日本のものづくりの可能性が広がる最新の海外産業機械をご提供

日本の"ものづくり"の
可能性を広げる

最新の海外産業機械をご提供

クイック製品検索

クイック製品検索

BLOGケー・ブラッシュブログ

タイトルがはいりますカテゴリ01

ケー・ブラッシュから有益な情報を配信

ケー・ブラッシュの過去のソリューション事例や業界内の技術情報その他様々な情報を日々発信致します。

枚葉フィルムやシートの表面処理 技術情報 製品情報 表面処理
枚葉フィルムやシートの表面処理

連続したフィルムなどと違う枚葉製品の表面処理方法を紹介いたします。  目次 ・Roll-Rollの処理と何が変わってくるのか?・Arcotec社製フレーム処理機・STTs社製カウンターレスコロナ処理機・AcXys Technologies社製大気圧幅広プラズマ処理機・最後に Roll-Rollの処理とは何が変わってくるのか? Roll-Rollの処理の場合、一般的には薄いフィルムや箔の場合がほとんど(厚み1㎜程度)です。そのため多くのケースで通常のコロナ処理機が用いられておりますが、枚葉で処理を行うケースでは製品の厚みが1㎜よりも厚く、剛性が強いものが多くなってきます。このような製品では通常のコロナ処理機では放電を確保することができず、処理を行うことができません。そのような製品にはコロナ処理機の代わりに弊社が取り扱っているカウンターレスコロナ処理機やフレーム処理機が最適です。 Arcotec社製フレーム処理機 Arcotec社(アルコテック社)はプラズマからフレームまで各種表面処理を扱っているドイツの会社です。その中でアルコテック社のフレーム処理機は様々な業界、業種で幅広く使われており、処理対象物を選ばない幅広い対応力が魅力の設備です。シート向けのアプリケーションとしてアルコテック社ではコンベアとフレームを組み合わせた完成品として設備をオファーすることが可能です。フレーム処理機が向いているアプリケーション:一定以上の速度で搬送する必要がある製品、金属シート、表面に凹凸がある製品など。設備仕様◆寸法     3000x1800x600㎜ 全長、全幅は自由に設計可能。◆コンベア幅  200mm コンベア速度可変可能 幅はバーナーにあわせて変更可能。◆電源仕様 200V 50-60Hz 400VA ※フレーム処理機仕様シート用にフレーム処理機を組み込んだ設備例バーナー部アルコテック社のフレーム処理機についてはここをクリック。 STTs社製カウンターレスコロナ処理機 STTs社製のカウンターレスコロナ処理機は一般的なコロナ処理機と異なり、名前の通りカウンターが必要ありません!通常は「+」と「-」で処理対象物を挟み込むのですが、カウンターレスコロナ処理機は片面に「+」と「-」が配置されているため処理対象物の厚みに関わらず表面の改質が行えます。極端な話厚みが10㎝でも100㎝でも問題ありません。カウンターレスコロナが向いているアプリケーション:一般的なプラスチックシートや発泡製品、表面がフラットな製品。樹脂パネルの表面処理例STTs社製のコロナ処理機の詳しい情報についてはこちらをクリック。 AcXys社製大気圧幅広プラズマ処理機 AcXys社製(アクシス社)のプラズマ処理機は窒素を媒体としてスリット状プラズマを点ではなく面で照射できるプラズマ処理機です。最大500㎜幅まで対応可能で樹脂から金属まですべての材質に対応が可能です。またプラズマの最大の特徴として製品へのダメージを抑えて処理を行うことが可能です。フレームでは熱、コロナでは電気の力による表面ダメージが懸念されますが、プラズマ処理機は窒素を媒体としてエネルギーを製品表面を改質するため熱や電気のダメージがありません。そのため製品の品質を優先される場合は唯一の方法です。幅広プラズマ放電アクシス社製幅広プラズマ処理機に関してはここをクリック。  最後に  一つのアプリケーションでも様々な方法で処理を行うことが可能です。弊社には各種デモ機を取り揃えており、デモテストやサンプル作成が可能です。貴社のアプリケーションにはどの方式が向いているのか、是非弊社にお尋ねください。最適な方法を提案させていただきます。    プラズマ処理とは?プラズマ処理についてはこちら Tweet // //

RAantec社製プラズマ処理機  Plasmajet & Plasphere 技術情報 製品情報 表面処理
RAantec社製プラズマ処理機 Plasmajet & Plasphere

様々なメーカーが市場に投入しているスポット型のプラズマ処理機においてRAantec社(以下ランテック社)は他社と差別化すべく特色のあるプラズマ処理機をオファーしています。  目次 ・RAantec社とは・発信機G10P/G12P・Plasmajet・Plasphere・最後に RAantec社とは  ランテック社は設備設計、自動化など生産工程に関わる機械全般を扱うドイツの会社です。その中の一つとして自社でプラズマ処理機を製造販売しております。 U発信機G10P/G12P ランテック社のプラズマ処理機に用いられる発信機はG10PとG12Pの2種類があり、この2種類の違いはダブルヘッド対応の可否になります。2本のノズルで処理を行う場合にはG12Pが採用されます。設備仕様◆寸法  420x375x210㎜◆電源仕様 230V 50-60Hz 最大10A◆出力  150-1000/1200W ※G12Pは1200Wになります◆ケーブル長 2500㎜G12PとPlasmaphereノズル Plasmajet 一般的なプラズマ処理に使われるスポットタイプのノズルになります。処理幅はおよそ5-10㎜程度と他社製のプラズマ処理機よりも多少狭くなりますが、その分細くてシャープなプラズマを放出することが可能です。より狭いエリアを処理したい場合などにご利用いただけます。プラズマ出力はおよそ200-400W程度と弱めの出力となっています。Plasmajetノズルとプラズマ 複数のPlasmajetノズルPlasmajetのアプリケーション動画 Plasphere Plasmajetとは異なるノズルをとりつけることでより幅広くプラズマ処理を行うことができ、処理幅はPlasphereノズルによって異なりますが最大で70㎜まで対応可能です。G12Pでダブルノズルにすることで100㎜以上の幅を簡単に処理することができるのも大きな特徴となります。ロボットに搭載されたPlasPhereノズル70㎜のPlasPhereノズル  最後に 弊社にはPlasmajetのデモ機を取り揃えており、デモテストやサンプル作成が可能です。 各社様々な方式でスポットプラズマを製造している中で価格だけではなく、使い勝手も含めたトータルな面で設備を選んでください。ランテック社のプラズマ処理機は他にはない処理幅のノズルを活かし生産ラインの簡素化、省力化に寄与します。   この製品の詳細をみる  プラズマ処理とは?プラズマ処理についてはこちら Tweet // //

電子天秤の計量を正確に!専用除電器U字電極 静電気対策
電子天秤の計量を正確に!専用除電器U字電極

  目次 静電気は計量誤差を引き起こすU字電極で静電気を除電|計量を正確に!静電気除去の原理U字電極の外寸法関連情報 静電気は計量誤差を引き起こす 静電気は、電子天びんでの計量で誤差を起こす原因になります。静電気を帯びている試験片や容器(フラスコ・ビーカー)を 電子天びんに近づけると、電子天びんの金属部に、静電誘導の原理で逆極性の電荷が誘導されます。そして、被計量物である 試験片や容器側の逆極性の電荷と引き合うことで、実際の重量よりも計量値がドリフトすることがあります。このような静電気による軽量誤差を解消する方法として、静電気除去装置があります。 静電気を除電して正確に計量する   電子天びんの計量を正確にするためには、試験片・容器を静電気除去装置でしっかり除電して計量することで、静電気による計量誤差を無くすことができます。U字電極DCコンパクトは、試験片・容器を通すだけで、側面・底面を隅々までイオンを放射して除電できるよう最適化したデザインです。<U字電極DCコンパクトの使用イメージ><機器構成>DCイオナイザは、電源を内蔵しているので、別置きの電源ボックスや高圧ケーブルは不要です。電源ケーブルのプラグをコンセントにさしてご利用いただくことができます。<使い方①>”U”字になるように電極を立てて使います。<使い方②>”コ”の字になるように電極を立てて使います。 静電気除去の原理 U字電極DCコンパクトは、直流(DC)イオナイザです。U字状のバーの内側に、放電針が等間隔で設置されています。針先に高電圧を印加して、針先周辺に漂っている空気中の分子にエネルギーを付与して、イオン化させます。このようにして、プラスイオン・マイナスイオンを生成します。被計量物がプラスに帯電している場合、逆極性のマイナスイオンが引き寄せられて、表面でプラスとマイナスが結合して、中和します。被計量物がマイナスに帯電している場合、逆極性のプラスイオンが引き寄せられて、表面でプラスとマイナスが結合して、中和します。この原理で、被計量物がプラス・マイナスどちらに帯電していても、U字電極を通すことで静電気を中和することができます。U字電極DCコンパクトは、細いU字型のボディに電源を内蔵しているので、外付けの電源ボックスは不要です。電源のON/OFFだけなので、操作はとても簡単です。 U字電極の外寸法 関 連 情 報 エアフリー パルスDCイオナイザ スマートイオンの詳細をみるエアーフリー除電技術を工場の低炭素化に活かす!をみる除電器・イオナイザの種類と選び方|4つのポイントで早わかりをみる製造現場の静電気 | 基礎から学び不良低減につなげよう!をみるなぜゴミや異物の問題がなくならないのかをみる

大型作業台|エアーブロー集塵+除電機能搭載! 異物対策
大型作業台|エアーブロー集塵+除電機能搭載!

  目次 ウニマスターコンパクトとは?パルス除電ブロー用ノズルラインナップ使用例(写真付き)関連情報 ウニマスターコンパクトとは? 大型の樹脂成型品など、静電気を帯びやすい基材にくっついたゴミやホコリ、樹脂カス・繊維クズを除去するための、大きな作業空間がある作業台です。静電気でくっついた樹脂カス等の異物は、高圧エアーガンでも取れにくいものです。ウニマスターコンパクトは、天板に回転ジェットノズルからの高速パルスエアーブローを搭載。リングイオナイザからのイオンをパルスエアーに乗せてブローして、樹脂成型品の静電気をしっかり除電します。除去した異物は、集塵してテーブル下部のフィルターで捕集します。ゴミやホコリを周辺にまき散らさない大型クリーンボックスです。 パルス除電ブロー用ノズル   クリーンボックス内には、タイフンクリーンコンパクトを設置しています。タイフンクリーンコンパクトは、回転ジェットノズルとリングイオナイザを装備したパルス除電ブローのコアになる重要部品です。写真1:タイフンクリーンコンパクト回転ジェットノズルは、高速回転しながらパルスエアーブローします。リングイオナイザが生成したイオンをパルスエアーの気流に乗せて、クリーンボックス内に放射。除電空間を形成します。樹脂・成形品の静電気を除去しながら付着異物を払い落とすのに効果抜群です。回転ジェットノズルの駆動は、トルネード式ガンタイプとは全く異なる駆動方式です。回転時に樹脂カスが飛散する、騒音が大きい、等の問題はありません。非常に滑らかな回転で、高速パルスエアーブローすることができます。回転駆動部は長寿命です。メンテナンス時の交換作業も簡単です。タイフンクリーンコンパクトと電源ボックスの単品販売も行ってます。タイフンクリーンコンパクトの詳細をみる ラインナップ <ラインナップ>◆ウニマスターコンパクト600クリーニングエリア(615mm x 610mm x 660mm)重量170㎏◆ウニマスターコンパクト900クリーニングエリア(915mm x 610mm x 660mm)重量210㎏◆ウニマスターコンパクト1200クリーニングエリア(1215mm x 610mm x 660mm)重量250㎏写真2:ウニマスターコンパクトのラインナップウニマスターコンパクトの詳細をみる 使用例(写真付き) 写真3:UM1200横長の樹脂成型品もラクラク入る3台の回転ジェットノズルで除電エアーブローテーブル下部のフィルターで異物を集塵捕集写真3:UM1200ハンズフリーで清掃作業します。清掃の手順①手持ちで樹脂成型品を挿入②センサー検知 自動でパルスエアーON(除電+パルスエアーブロー+集塵)③手持ちで樹脂成型品を取り出す④センサー検知 自動でパルスエアーOFF⑤清掃作業終了このサイクルで、手作業で次々とクリーニングできます。写真5:UM600間口が小さいUM600型静電気除去+パルスエアーブロー+集塵機能搭載ウニマスターコンパクトの詳細をみる 関 連 情 報   ドライクリーナー・洗浄装置の種類と選び方をみる除電器の種類と選び方|4つのポイントで早わかり!をみるハンディ!モバイル!手持ち式クリーナーでゴミ・ホコリを集塵をみるゴミ・ホコリを集塵除去!作業台で便利なハンディクリーナーをみる自動車用樹脂部品をCO2スノーでドライ洗浄!をみる

ゴミ・ホコリを集塵除去!作業台で便利なハンディクリーナー! 異物対策
ゴミ・ホコリを集塵除去!作業台で便利なハンディクリーナー!

    目次 エレファント180型とは作業手順:(作業台でスタンバイ→バリ取り→クリーニング→作業終了まで)エレファントは先端エアレス除塵技術!主な用途エアーガンの清掃作業と比較 関 連 情 報 ドライクリーナー・除塵装置 関連除電器・イオナイザ 関連CO2スノージェット洗浄装置 エレファント180型とは? エレファント180型は、工場の製造現場で、樹脂成形品に静電気でくっついた異物を、集塵除去する手持ち式ドライクリーナーです。エアーガン・パターガンのように、高圧エアーでガンガン吹き飛ばすのとは全く違います。エアーガンでは、ゴミやホコリを生産環境にまき散らしますし、騒音は作業環境を悪化させます。圧縮機の電力消費が大きくなります。また、樹脂製品、成形品に静電気でくっついた小さなゴミやホコリは、高圧エアーガンをビシビシ当てても除去しにくいものです。エレファントは、手持ち式グリップのエアーブロー用ノズルから微細なパルスエアーで付着異物に衝撃と微振動を与えて、異物を表面から除去します。スポットイオナイザからのイオンをパルスエアーブローにのせて放射するので、静電気の吸着力を除電して、異物を吸引除去します。そして、吸引したゴミやホコリは別置きの集塵機にセットしたフィルターで捕集します。ストレート状のグリップを上から吊るして使用します。腕の力や握力を使わないので、長時間の立ち作業・座り作業にとても便利です。主に、組立工程やアッセンブリ工程の、作業台やクリーンベンチで使用します。ゴミや異物を作業環境に飛散させないクリーンな集塵システムです。コンパクト除塵ピストルエレファントの詳細をみる 作業手順:スタンバイ→クリーニング→作業終了まで <①作業台でスタンバイ>写真1:作業台の前に立ちます。集塵機・電源ボックス・パルスエア発生器は、ONにします。<②工具で成形バリを除去>エレファントを使う前に、工具でバリ取りをします。(成形バリ・糸バリ・箔バリ・フィルムバリを除去)除去したバリは、小さな樹脂カスとなって、静電気で樹脂成型品にくっつきます。<③エレファントのハンディグリップを取る>ホルダーから、エレファントのグリップを取ります。<④ハンディ グリップを手持ちで操作>グリップにパルスエアーブローON/OFF用センサーがあります。指先で簡単操作!<⑤クリーニング>樹脂製品・成形品は、静電気で異物を吸着します。工具で除去した樹脂カスだけでなく、微小なゴミ・ホコリも静電気で吸い寄せます。ハンディなグリップに内蔵したスポットイオナイザが静電気をしっかり除電します。微小なパルスエアが異物に衝撃と微振動を与えて、表面から取り除きます。集塵機に内蔵したフィルターでゴミやホコリを捕集します。集塵したゴミやホコリを作業環境に巻きちらさないクリーンな集塵システムです。フィルターでろ過したきれいな空気を室内に排気します。<⑥作業終了>ハンディ グリップをホルダーにかけます。集塵機・電源ボックス・パルスエア発生器をOFFにして作業終了です。コンパクト除塵ピストルエレファントの詳細をみる エレファントは先端エアレス除塵技術 <少しのエアーで隅々まできれいに>エレファントによる除塵作業は、高圧エアーガンでビシビシ エアーブローするのとは全く異なります。高圧エアーガンは、激しい騒音が伴います。エアーブローでゴミやホコリを周辺にまき散らし、それでも静電気でくっついた異物は除去しにくいものです。エレファントは、低圧パルスでエアーブローして、付着異物を除電して、衝撃と微振動を与えて除去する方式です。工場エアをエレファントに接続して運転する場合には、レギュレーターで絞った低圧エアを接続して使用します。低圧エアー、それをパルス化して使うので、圧縮エア消費量が極めて低くなります。エネルギー効率が良く、圧縮機・コンプレッサーの電力を節約できます。そして、耳障りなエアーガンのような騒音が無いので、作業環境にやさしい集塵システムです。コンパクト除塵ピストルエレファントの詳細をみる 主な用途 ハンディ グリップに、スポットイオナイザを内蔵しているので、”静電気でくっついた異物” に対して高い集塵除去効果を発揮します。HEPAフィルターを搭載することもできるので、クリーン環境に持ち込む場合でも、HEPAでろ過したクリーンな空気を室内に排気することができます。◆樹脂製品・成形品のアッセンブリ工程・組立工程組立前のパーツに静電気でくっついた異物を、エレファントで清掃。組立後の製品不良・品質不良を予防し、歩留まり向上につなげます。◆塗装前に、静電気でくっついた樹脂製品のホコリを集塵除去ブツ・ケバ等の塗装不良を防止します。◆トレーの清掃空のトレーに静電気でくっつく小さなゴミやホコリをエレファントで集塵除去します。小さな樹脂カスや繊維クズでも、デコボコしたトレーの凹みにくっつくと、除去しにくいものです。ICトレー、レンズトレー、電子部品用トレー、電池用トレー など、高い清浄度が求められる部品を乗せるトレーは、入れ物もきれいに清掃する必要があります。◆基板製造工程分割切断後の板状の基板材料は、静電気でくっつく異物の問題があります。基板を切断機で所定のサイズに分割すると、エポキシ樹脂・メラミン樹脂カスが発塵します。下地のガラス繊維は、基板切断後にガラス繊維クズになって静電気でくっつきます。手作業の清掃作業工程にエレファントを導入して、クリーニングすることができます。エレファントは、除塵に必要な 静電気除去+微細なパルスエアーブロー+集塵除去機能 を搭載したオールインワンの集塵システムになります。◆クリーン環境での異物の除塵・集塵作業。エレファントにHEPAフィルターを搭載させます。フィルター交換の時は、集塵機を部屋の外へ持ち出して交換します。小型の高圧集塵機なので持ち運びは簡単です。クリーン環境での運用でも、ハンディ グリップの リング状ブラシの中で微小なパルスエアーブローを放射するだけです。クリーン環境に、エアーブローして浮遊塵埃を飛散させることが無いよう設計されています。コンパクト除塵ピストルエレファントの詳細をみる エアーガンの清掃作業と比較   エレファント180型   エアーガンパターガン         騒音 小   大         集塵機能 有   無         静電気除去能力 有   無         圧縮エア消費 小   大         圧縮機の電力消費 小   大         クリーン環境への適正 良   悪 コンパクト除塵ピストルエレファントの詳細をみる 関 連 情 報 ◆ドライクリーナー・除塵装置なぜゴミや異物の問題がなくならないのかをみる持ち運びが便利なモバイル型 除塵装置をみるドライクリーナー・洗浄装置の種類と選び方をみるハンディ!モバイル!手持ち式クリーナーでゴミ・ホコリを集塵をみる◆除電器・イオナイザ製造現場の静電気 | 基礎から学び不良低減につなげよう!をみる除電器・イオナイザの種類と選び方|4つのポイントで早わかり!をみる◆CO2スノージェット洗浄装置CO2スノージェット洗浄装置をみる自動車用樹脂部品をCO2スノーでドライ洗浄!をみる

プリント基板|最新ドライ洗浄技術一覧! 異物対策 CO2スノードライ洗浄
プリント基板|最新ドライ洗浄技術一覧!

ご紹介する洗浄装置は、溶剤・IPA・アルコールを一切 使用しないドライな洗浄技術です。CO2スノージェット洗浄装置|プラズマクリーナー|除塵装置・ドライクリーナー と、その用途を一覧にまとめます。プリント基板製造工程で、ドライ洗浄設備を選定するヒントに本サイトをご参照ください。 目次 || CO2スノージェット洗浄装置 || 除塵装置・ウェブクリーナー|| プラズマクリーナー CO2スノージェット洗浄装置   ◆洗浄原理◆特殊なノズルから液化炭酸ガスを放射します。ノズルから結晶化したCO2スノーになって、基板へ衝突します。低温のCO2スノーが基板に付着してる汚染物を冷やして もろくします(脆化)。CO2スノーが衝突するエネルギーと二酸化炭素の結晶が昇華するエネルギーで、汚染物質を基板から除去します。 ◆洗浄対象の汚染物質◆ゴミ・ホコリ、金属異物、毛髪・皮脂カス・有機系異物、繊維クズ・樹脂カス、指紋、粘着性異物、フラックス、薄い油脂膜◆用途◆ フラックス残渣をドライ洗浄→詳細をみる   ボンディングパッド電極をドライ洗浄→詳細をみる                                         レーザー加工後のヒュームをドライ洗浄→詳細をみる   成形回路基板(MID)をレーザーパターニング後にドライ洗浄→詳細をみる       除塵装置・ウェブクリーナー   ◆除塵のしくみ◆クリーニングヘッド内に、静電気除去機能+エアノズルからエアーブロー(またはパルスエアーブロー)+ 集塵除去機能 +回転ブラシ(機種による)を搭載しています。プリント基板に静電気でくっつく異物に対して、静電気を除電しながら異物を集塵除去します。◆除去対象の付着異物◆静電気で付着するゴミ・ホコリ、金属異物、毛髪、繊維クズ、樹脂カス、粉塵◆用途◆ プリント回路板の付着異物対策→詳細をみる   プリント配線板の付着異物対策→詳細をみる                                         小さな実装基板をドライクリーニング→詳細をみる   除塵ボックス ウニマスター210→詳細をみる       プラズマクリーナー ◆洗浄原理◆特殊な放電電極でプラズマを生成します。混合ガスを加えてプラズマにすることで、酸化還元反応により、有機系汚染物、油脂膜を除去する効果があります。◆洗浄対象の汚染物質◆リードフレーム・液晶基板のクリーニング・コンタミ・フラックスの除去・ワイヤーボンディングの前洗浄・基材の親水性向上◆用途◆  プラズマクリーナーで酸化皮膜をドライ洗浄→詳細をみる   

FOR YOUR BENEFITK.BRASCHの強み

お客様のために、
最高の「情報」「流通」「サービス」を提供致します。

海外調達力

どんな製品もお任せください
海外調達力

積み重ねたノウハウ

優れた技術⼒と
積み重ねたノウハウ

設置メンテナンス対応

頼れるサポート
設置メンテナンス対応

⽼舗としてのプライド

1953年創業
⽼舗としてのプライド

CONTACT お問い合わせ

弊社サービスに関するご要望ご依頼がございましたら
各種お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。