BLOG ケーブラッシュブログ

ぬれ性チェック用ダインペン | 表面エネルギー値を簡易的に判定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表面エネルギー値(ダインレベル)とは?

表面エネルギー値とは、インクやのり・ニス等が、プラスチックや金属の表面にどれだけ接着するか、すなわちぬれ性を測る基準です。

mN/m(ミリ・ニュートン・パー・メーター)という単位で表します。

※ダインは古い単位です。

一般的に、表面エネルギー値が高いほど、接着性が高い=ぬれ性が高いと言われております。

例えばプラスチックは表面エネルギー値が低いので、接着性を高めるには表面処理を施す必要がありますが、用途により、要求される値は異なります。

※接触角計で得られる接触角と表面エネルギー値(ダインレベル)には、厳密には相関関係がございません。

表面エネルギー値評価用ダインペン(テストペン)とは?

ダインペン(テストペン)・テストインクは、表面エネルギー値(ダインレベル)を簡易的に判定するものです。

まず38mN/m程度のインクやペンを使用して線を引きます。

引いた線が水滴にならず、2秒間保持されれば、基材の表面エネルギーはその数値(38)もしくはそれ以上ということになります。

その場合、次は40mN/mを使ってみます。同じ要領で、2秒以内に変化するレンジを探していきます。

例えば42mN/mは2秒間保持するが、44mN/mでは水滴になる場合、その基材の表面エネルギー値は42以上44mN/m以下ということになります。

ダインペン(テストペン)

表面エネルギー値評価用テストペン

ダインペン・テストペンと呼ばれています。

Arcotest社製テストペンは、インクのぼた落ちが無く、蛍光ペンのような要領で簡単に線を引くことができます。

テストペン標準レンジ:30/32/34/36/38/40/42/44mN/m

テストペン特注レンジ:46/48/50/52/54/56/58/60/62/64/66/68/70mN/m


テストペン注文


※FAXによる見積依頼フォームはこちら

※価格表はこちら

テストインク

表面エネルギー値評価用テストインク

10mL入りのボトルのキャップに刷毛が付いています。

テストインク標準レンジ:18/20/22/24/26/28/30/32/34/36/38/40/42/44/46/48/50/52/54/56/58/60/62/64/66/68/70/72mN/m

テストインク特注レンジ:76/84/90/105mN/m

テストインク注文


※FAXによる見積依頼フォームはこちらから

※価格表はこちら

国内在庫しておりますが、受注状況により在庫数に変動がございますので、お気軽にお問い合わせください。

この製品の詳しい説明はこちら

 

ケーブラッシュ商会では、各種表面改質・表面処理装置を取り扱っております。

ケーブラッシュ商会の表面処理装置の詳しい説明はこちらから

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加