BLOG ケーブラッシュブログ

超薄肉・極細の熱交換器用銅管を連続的に製造します

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱交換器銅管アプリケーション

<<超薄肉極細熱交換器用銅管の製造が可能!>>

Nexans社製「NanoWEMA」造管ラインにグリーンレーザーを装備する事で、超薄肉で極細の熱交換器用銅管を連続的に成型&溶接⇒造管する事が可能です。

NanoWEMA5.jpg

〇 熱交換器デザインの革命

マイクロ銅管(5㎜及びそれ以下)を使用する事により、高効率コンパクト低コストなエアコン・冷却ユニット用熱交換器を設計する事ができます。

過去数年で、熱交換器内の3/8”(約9.5㎜)管が5㎜管へ置き換えられ、下記を含む多くの性能向上が得られる事が分かってきました。

- 最大50%まで、管及びフィン重量を低減
- 内部容量を50%以上低減
- 約50%の肉厚低減
- 熱交換器費用を約40%低減

〇 更なる進歩へのご提案(ソリューション)

- φ5㎜から3/2㎜銅管への移行、及び肉厚の超薄化

  ⇒ グリーンレーザーを装備したNanoWEMAにより製造可能です!

〇 将来的な展望(ソリューション)

部分的なコルゲート(蛇腹)管製造の可能性。
本コルゲート管を製造する事により下記2件の異なるメリットを得る事ができます:

- 管のより高い柔軟性: エルボの代替えとなります!
- 表面の増加: リブの代替えとなります!

heatexchanger1.jpg

heatexchanger2.jpg

関連情報

Nexans社NanoWEMA造管ラインについては、こちらも参照ください!(一般)
Nexans社NanoWEMA造管ラインについては、こちらも参照ください!(グリーンレーザー)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加