BLOG ケーブラッシュブログ

Arcotec社製フレーム処理機 3次元形状部品の処理に最適な設備が入荷しました!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Arcotec

ロボットと組み合わせて処理を行うのに最適なバーナーを選定したフレーム処理機です!
 

目次

フレーム処理とは

設備のコンセプト

フレーム処理機の機能

コンベアの機能

安全設計

最後に

フレーム処理とは

フレーム処理とはコロナ処理やプラズマ処理と同じく樹脂や金属の表面活性に用いられる処理方法のひとつです。
フレーム処理機もプラズマ処理機も接着力、親水性、密着力の向上を目的としている装置であり技術で、
フレームの炎の中にもプラズマが存在しており、フレーム処理機は「フレームプラズマ」と呼ばれることもあります。
詳しくはこちらのリンクへ。


設備のコンセプト

フレーム処理機は様々な業種、分野で幅広く使用されておりますが、特に多いのが自動車部品など形状が複雑な樹脂成型品の前処理です。
そのような用途ではロボットの動きに負けない力強いしっかりとした炎、ロボット制御装置と連動できる外部接続機能が必要となります。
Arcotec社のフレーム処理機は長年の実績と信頼を元にフルタイムに稼働し、再現性の確保、柔軟な条件変更に対応できる設備を供給しております。

フレーム処理機の機能

主に自動車業界で使用されているフレーム処理機は機械制御式のFTSシリーズの派生版であるFTSsoシリーズです。
浮き子式の流量計を搭載し、アナログなのがFTS無印、マスフローを搭載し、デジタル表示なのがSoシリーズとなります。
一般的には100㎜長のバーナーを使用するためFTS201DRsoが多く使用されておりますが、
大型バーナーや強火力を求めるアプリケーションには401モデルも可能です。
また派生モデルとしてバーナーを2本など複数搭載できるモデルもございます。

Tug_tow.jpg  
FTS201DRsoのフレーム処理機本体(高さ1900㎜)

display.jpg
デジタル表示より直感的に流量が把握できます



ロボット用バーナー

スリースロット形状によるサポートフレームがロボットの速い動きでも中心部分の炎をしっかりと支えることで
高速稼働時にもフレーム処理を行うことが出来ます。
ロボットでの処理を行う際、「炎が動きによって消えないこと」これが重要になってきます。
burner.jpg
ロボット処理用MB3バーナー、各社ロボットアームにあわせて専用ブラケットを作成可能

Tug_tow.jpg
MB3バーナーのフレームパターン

 

安全設計

フレーム処理機内には2つの電磁弁が搭載されており、非燃焼時または不意の失火の際などに燃焼ガスが放出されない仕組みとなっています。
ガスと空気のラインにそれぞれ圧力計が設置されております。圧力が感知されて初めて着火動作へ移行できます。
外部設備との信号のやり取りができるように端子台が標準で装備されています。

Tug_tow.jpg
制御盤内の2か所に設置されているガス用の電磁弁

terminal.jpg
遠隔操作や外部非常停止用の端子用コネクタ 



 最後に

用途や材料によって発信機の仕様、バーナー幅、そしてバーナー出力などカスタマイズ可能です。
貴社のアプリケー所に沿った設備を提供させていただきます。

 

この製品の詳細をみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加