BLOG ケーブラッシュブログ

深絞り包装工程で箔を除塵し異物混入対策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深絞り加工とは:

薄い板材または箔をプレス機の金型で加工して、円筒状・四角柱状など深さがある形状に加工することです。

お客様の課題・ご要望

食品の包装工程には、深絞り包装機により充填・包装するプロセスがあります。
箔を巻き出して、プレス機で食品を充填するための空間を作ります。箔がプレス機に入る前に、箔の表面の清浄度を保持しておく必要があり、工場ダストや毛髪・落下塵などの付着を対策しておく必要があります。

 

解決策

 

写真は、箔を巻きだした後のロールtoロールプロセスにスタティックエア09型を設置している時のものです。
スタティックエアは、静電気除去バー+フラットジェットノズル+吸引チャネルを搭載しています。箔に付着していたダストは、スタティックエアからのプラスマイナスイオンとエアブローにより除電されて表面から離れ、スタティックエアの吸引チャネルに運ばれます。吸引チャネルは別置の集塵機に接続されており、集塵機に搭載したフィルターでダストを捕集していきます。
集塵機能を搭載することで、ダストの再付着を防止します。スタティックエアによる除塵は、非接触・オンラインで行われるので、箔の清掃の自動化につながります。

 

下の写真をクリックして、動画をYoutubeでご視聴いただくことができます。(※ 動画はスタティックエア08型です。)

 

スタティックエアは、設置箇所の必要な処理幅に合わせて50mm単位で製作できます。処理幅100mm以下の狭幅のスタティックエアの制作、箔の全幅の除電・除塵が必要な場合には、フィルムの最大長に合わせて広幅のスタティックエアを制作できます。箔の上面、下面、横向きでも設置することが出来ます。

 

スタティックエアによるクリーニングは、粘着ローラーと比べても、自動化という見地で大きなアドバンテージがあります。粘着ロールによるクリーニングでは、異物を転写させる粘着性テープの頻繁な交換(最低1日1~2回)が必要になることに加え、ロールを箔に接触して吸着させる原理なので、接着面が異物を吸着してへこみが出来ると連続クリーニングのパフォーマンス低下の原因になります。このため、粘着性テープの交換だけでなく、粘着ロールの平滑性の点検など、設備管理上の負担が大きくなります。

 

スタティックエアによる非接触クリーニングで、ウェブの除塵を自動化することで、生産性の改善に大きく貢献することにつながります。日常メンテナンスはとても簡単です。 

 

関 連 情 報

なぜゴミや異物の問題がなくならないのかをみる 

製造現場の静電気 | 基礎から学び不良低減につなげよう!

スタティックエアの詳細をみる

ウェブクリーナーの事例をみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加