BLOG ケーブラッシュブログ

実績多数のウェブクリーナ!工程別の選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

目次


第一章

ロールtoロールとは?
ウェブクリーナーとは?

第二章

非接触式ウェブクリーナー スタティックエアとは?
動画:スタティックエアでフィルムをクリーニング
スタティックエアのラインナップ
スタティックエアのメリット

第三章

接触式ウェブクリーナー ロータークリーンとは?
動画:ロータークリーンでフィルムをクリーニング
ロータークリーンのラインナップ
ロータークリーンのメリット

第四章

☆ウェブクリーナー工程別 選び方☆

 巻き出し
 スリット
 トリミング
 プレス
 コーティング
 ラミネート
 印刷
 インモールド成形
 レーザー加工
 穴あけ加工
 乾燥
 検査
 積層
 ロール・コイル

第五章

エアーブローノズル+集塵ノズルでは集塵できないのか?


関 連 情 報

ドライクリーナー・除塵装置の関連情報
除電器・イオナイザの関連情報







ロールtoロールとは?



ロールtoロールは、長い反物状の製品を、ガイドローラーを介して連続で製造加工するプロセスです。

ロールtoロールで製造加工する典型的な製品には、樹脂フィルム・紙・箔があります。薄板ガラス・ガラス繊維・腐食布・生地もロールtoロールで加工を行う工程があります。

製膜装置には、真空装置の中で、基材を巻き出し・巻き取り、蒸着・スパッタリングで製膜する装置があります。これもロールtoロール方式です。

リチウムイオン二次電池のセルを構成する電極(正極板・負極板)、セパレータは、ロールtoロールで製造加工されています。

ロールtoロールは、数十m~数百mの長尺製品を連続して製造加工できるので、量産性に優れています。

ロールtoロールの加工工程には、印刷(グラビア印刷・フレキソ印刷・インクジェット)・スリット加工・プレス・ラミネート加工・コーティング・塗工・画像検査工程 等があります。





ウェブクリーナーとは?


ウェブは、ロールtoロールで製造加工する長い反物状の製品の総称です。

ロールtoロール方式では、ウェブはガイドローラーや生産設備に擦れて、接触・剥離を繰り返しながら走行するため、静電気を帯びていきます。

静電気は、生産環境で浮遊している微細な塵埃や、生産設備から発生した小さな金属カス・すす、衣類から起因する繊維クズ等を、引き寄せて吸着してしまうため、様々な問題につながります。

ウェブクリーナーは、ウェブに付着する異物を、目的の個所で局所的に除塵するためのクリーナです。

ウェブクリーナーには、いろいろな原理のクリーナがあります。

ウェブに触れずに異物を除去する非接触式ウェブクリーナー(エアーブロー+集塵方式、エアーブロー+イオナイザ+集塵方式、超音波ドライクリーナ等)

ウェブに触れながら異物を除去する接触式ウェブクリーナー(静止ブラシ方式、回転ブラシ方式、粘着ロール、クリーンローラー等)




当サイトでは、

非接触式ウェブクリーナーとして、スタティックエア(エアーブロー+イオナイザ+集塵方式)

接触式ウェブクリーナーとして、ロータークリーン(回転ブラシ+エアーブロー+イオナイザ+集塵方式)

の工程別の用途・選び方をご紹介します。





 

非接触式ウェブクリーナー スタティックエアとは?

 

ウェブクリーナーという除塵装置があります。ウェブとは、表面がフラットな基材の総称で、紙・フィルム・箔・紙 等の事です。

そして、
ウェブクリーナー スタティックエアは、静電気除去機能を搭載した非接触式ウェブクリーナーです。静電気で付着する微小なゴミ・ホコリ・切粉・切断屑・微細な樹脂カスに対して、フラットジェットノズルから除電ブローして、集塵用スリットから吸引します。

吸引した パーティクルは、別置きの集塵機にセットしたフィルターで捕集します。






 

動画:スタティックエアでフィルムをクリーニング





ロールtoロールでフィルムが走行する工程にスタティックエアを設置。スタティックエアの反対側が中空の個所に設置します。バックアップロールは不要です。

フィルムの片面処理の時は、フィルム幅より若干 広幅のスタティックエアをフィルムの上面にセットします。

フィルムの両面処理の時は、フィルム幅より若干 広幅のスタティックエアをフィルムの両面にセットします。






スタティックエアのラインナップ



スタティックエア08型>

◆スタティックエア08型の特徴
静電気除去バー2本・フラットジェットノズル・吸引ソケットを搭載したモデルです。


◆狭幅シートから広幅まで。
処理幅は100㎜以下の狭幅モデルから、3mの広幅まで制作できます。


◆静電気除去バーの選択肢が広い!
用途に合わせて、最適なイオナイザを搭載することができます。


<強い静電気を除去したい>
樹脂フィルム・ガラス・紙のような高帯電物の付着異物を除去する用途には、除電能力が強力なパルスDCイオナイザ スマートイオン070型を2本搭載できます。


<残留電圧を最小限にしたい>
液晶用ガラス・パネル・半導体のような、微弱な残留電位に脆弱な用途には、高イオンバランスの高周波ACイオナイザ スマートイオンプレシジョンを搭載できます。


<汎用用途>
AC静電気除去バー パワーバー55型を2本搭載できます。


写真:スタティックエア08型/パルスDCイオナイザ スマートイオン070型搭載
sa08.png


スタティックエア09型>


◆スタティックエア09型の特徴
静電気除去バー(コンパクトバー55)1本・フラットジェットノズル・吸引ソケットを搭載したモデルです。


◆とても小さなクリーナーヘッド!
既存ラインへの後付の利便性のために、ボディを極限までコンパクトに設計しました。既存ラインへ後付けする場合でも、ラインのレイアウト変更を最小限にし、ユーザー様の負担を軽減します。
設置スペースが限られている設備・自動機への後付・ガイドロールや配管が入り組んでいる狭い箇所への後付にお勧めです!


◆静電気除去バー
ACイオナイザ コンパクトバー55型を1本搭載


写真:スタティックエア09型

sa09.png



スタティックエア013型>


◆スタティックエア013型の特徴
製静電気除去バー1本・フラットジェットノズル・吸引ソケットを搭載したモデルです。サイズはコンパクトなものが良い、異物除去能力は落としたくない!という用途に適してます。


◆静電気除去バーの選択肢が広い!
用途に合わせて、最適なイオナイザを搭載することができます。


<強い静電気を除去したい>
樹脂フィルム・ガラス・紙のような高帯電物の付着異物を除去する用途には、除電能力が強力なパルスDCイオナイザ スマートイオン070型を1本搭載できます。


<残留電圧を最小限にしたい>
液晶用ガラス・パネル・半導体のような、微弱な残留電位に脆弱な用途には、高イオンバランスの高周波ACイオナイザ スマートイオンプレシジョンを搭載できます。


<汎用用途>
AC静電気除去バー パワーバー55型を1本搭載できます。



写真:スタティックエア013型/パルスDCイオナイザ スマートイオン070型搭載
SA_013.jpg




スタティックエアのメリット



◆除塵に必要なエアーブロー用フラットジェットノズル・イオナイザ・集塵機能がクリーナーヘッドに標準装備

◆フラットなフィルム表面を非接触・インラインで除塵対策!

◆フィルム・ガラス 等 静電気を強く帯びる用途に、除電能力が高いパルスDCイオナイザ スマートイオン070型を装備できます。

◆湿式・ウェット洗浄ではありません。除塵プロセスはドライです!

◆既存のコンベヤ搬送工程へ後付けできます

◆自動機の設置に適しています

◆外部信号出力のオプションが充実!

◆装置化されたスタティックエアだから条件出しが簡単

◆メンテナンスは簡単です






接触式ウェブクリーナー ロータークリーンとは?

 

「接触式」ウェブクリーナーは、シートに触れて物理的な力で異物を除去するドライクリーナーです。

例えば、粘着ロール式・クリーンローラー式、ブラシを搭載したウェブクリーナーが「接触式」に該当します。

ロータークリーンは、回転ブラシを装着してます。ブラシの毛先が基材に接触するので、接触式ウェブクリーナーです。

ロータークリーンは、基材表面の静電気を除電して、付着異物を回転ブラシで除去し、集塵してフィルターで捕集するまで連続して行うことができます。

静電気除去バーは、異物とシートの除電だけでなく、回転ブラシとクリーニング後のシートを除電します。

除塵に必要な機能がすべて装置化されてます。



動画:ロータークリーンでフィルムをクリーニング







ロールtoロールでフィルムが走行する工程にロータークリーンを設置。ロータークリーンの反対側が中空の個所に設置します。バックアップロールは不要です。

フィルムの片面処理の時は、フィルム幅より若干 広幅のロータークリーンをフィルムの上面にセットします。

フィルムの両面処理の時は、フィルム幅より若干 広幅のロータークリーンをフィルムの両面にセットします。




ロータークリーンのラインナップ


ロータークリーン60型>


◆ロータークリーン60型の特徴
静電気除去バー2本・フラットジェットノズル・回転ブラシ・吸引ソケットがクリーナーヘッドに標準装備


◆有効幅

処理幅は200㎜から1,000mmまで制作できます。


◆ブラシ押込量を調整
ブラシの高さは微調整できます。


◆豊富なブラシラインナップ!
フィルム除塵の用途に適したブラシを選択します。


◆静電気除去バーの選択肢が広い!
用途に合わせて、最適なイオナイザを搭載することができます。


<強い静電気を除去したい>
樹脂フィルム・ガラス・紙のような高帯電物の付着異物を除去する用途には、除電能力が強力なパルスDCイオナイザ スマートイオン070型を2本搭載できます。


<残留電圧を最小限にしたい>
液晶用ガラス・パネル・半導体のような、微弱な残留電位に脆弱な用途には、高イオンバランスの高周波ACイオナイザ スマートイオンプレシジョンを搭載できます。


<汎用用途>
AC静電気除去バーを2本搭載できます。


写真:ロータークリーン60型/パルスDCイオナイザ スマートイオン070型搭載
RC_60.jpg




ロータークリーン100型>


◆ロータークリーン100型の特徴
静電気除去バー2本・フラットジェットノズル・回転ブラシ・吸引ソケットがクリーナーヘッドに標準装備


◆有効幅
処理幅は300㎜から2,000mmまで。狭幅シートから広幅まで対応できます。


◆ブラシ押込量を調整
ブラシの高さは微調整できます。


◆豊富なブラシラインナップ!
フィルム除塵の用途に適したブラシを選択します。


◆静電気除去バーの選択肢が広い!
用途に合わせて、最適なイオナイザを搭載することができます。


<強い静電気を除去したい>
樹脂フィルム・ガラス・紙のような高帯電物の付着異物を除去する用途には、除電能力が強力なパルスDCイオナイザ スマートイオン070型を2本搭載できます。


<残留電圧を最小限にしたい>
液晶用ガラス・パネル・半導体のような、微弱な残留電位に脆弱な用途には、高イオンバランスの高周波ACイオナイザ スマートイオンプレシジョンを搭載できます。


<汎用用途>
AC静電気除去バーを2本搭載できます。


写真:ロータークリーン100型/パルスDCイオナイザ スマートイオン070型搭載
RC_100.jpg




ロータークリーンのメリット


◆除塵に必要なエアーブロー用フラットジェットノズル・イオナイザ・回転ブラシ・集塵機能がクリーナーヘッドに標準装備

◆フラットなシートフィルム表面を回転ブラシを当てて・インラインで除塵対策!

◆ブラシラインナップの中から適したブラシを選択できます

◆フィルム・ガラス等 静電気を強く帯びる用途に、除電能力が高いパルスDCイオナイザ スマートイオン070型を装備できます。

◆湿式・ウェット洗浄ではありません。除塵プロセスはドライです!

◆既存のコンベヤ搬送工程へ後付けできます

◆自動機の設置に適しています

◆装置化されたロータークリーンだから条件出しが簡単

◆メンテナンスは簡単です


ウェブクリーナー工程別 選び方



巻き出し


◆巻出(フィルム)

工程:コイルに巻いたフィルムを巻きだす工程

ウェブ:フィルム

異物:静電気で付着するフィルムカス・フィルムの切れ端

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア

目的:最終製品の異物混入対策



スリット


◆スリット工程(フィルム)

工程:スリッターで所定の幅に裁断

ウェブ:フィルム

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア09型

目的:刃で裁断後の樹脂フィルムの切り屑、切粉、切カスを集塵、スリットカス・クズのガイドローラー汚染防止


◆スリット工程(電極)

工程:スリッターで所定の幅に裁断

ウェブ:電極(正極板・負極板)

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア09型

目的:刃で裁断後の切りクズ、切粉、スリットカスを集塵



◆スリット工程(不織布)

工程:スリッターで所定の幅に裁断

ウェブ:不織布

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア09型

目的:刃で裁断後の糸くず、繊維クズを集塵


◆スリット工程(複合材)

工程:スリッターで所定の幅に裁断

ウェブ:複合材

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア09型

目的:刃で裁断後のカーボン系切粉を集塵



トリミング


◆トリミング工程(複合材)

工程:トリミングして端面の耳を裁断

ウェブ:複合材料

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア08型

目的:刃で裁断後の切り屑、切粉、切カスを集塵



プレス

◆プレス工程(複合材)

工程:プレス加工機

ウェブ:複合材

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア08型

目的:プレス前の複合材の微細な異物を集塵


◆プレス工程(電極)

工程:プレス加工機

ウェブ:電極(正極材・負極材)

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア09型

目的:プレス前の電極の微細な異物を集塵



コーティング

◆コーティング工程(フィルム)

工程:コーター

ウェブ:フィルム

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア

目的:コーティング前のフィルム表面の静電気で付着する異物を集塵

環境:一般環境または防爆エリア



ラミネート

◆ラミネート(フィルム)

工程:貼り合わせ工程

ウェブ:フィルム

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア

目的:貼り合わせ前のフィルム表面の静電気で付着する異物を集塵

環境:一般環境または防爆エリア



印刷

◆印刷(紙)

工程:印刷

ウェブクリーナー:接触式 ロータークリーン60型

目的:粉塵の集塵




インモールド成形

◆IMDインモールド成形

工程:成形

ウェブ:加飾フィルム

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア09型・013型

目的:成形前のフィルム表面の静電気で付着する異物を集塵



レーザー加工

◆レーザー加工(電極)

工程:レーザー加工

ウェブ:電極(正極板・負極板)

ウェブクリーナー:接触式 ロータークリーン60型

目的:レーザー加工後の微細な粉・バリを集塵



穴あけ加工

◆穴あけ加工(銅箔・アルミ箔)

工程:穴あけ加工

ウェブ:銅箔・アルミ箔

ウェブクリーナー:接触式 ロータークリーン60型

目的:穴あけ加工後の微細な粉・バリを集塵


◆穴あけ加工(紙)

工程:穴あけ加工

ウェブ:紙

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア09型

導入目的:穴あけ加工後の微細な紙粉を集塵



乾燥

◆乾燥(建材)

工程:乾燥炉の後処理

ウェブ:建材

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア09型

目的:乾燥後の異物・ススを集塵


◆乾燥(鋼板)

工程:乾燥炉の後処理

ウェブ:薄鋼板

ウェブクリーナー:接触式 ロータークリーン60型

目的:乾燥後の異物・ススを集塵



◆乾燥(布紙系)

工程:乾燥炉の前処理

ウェブ:布紙系

ウェブクリーナー:接触式 ロータークリーン60型

目的:乾燥炉の汚染防止




検査

◆検査工程(ガラス繊維)

工程:外観検査・画像検査

ウェブ:ガラス繊維

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア08型

目的:品質管理・検査機の誤作動防止



◆検査工程(フィルム)

工程:外観検査・画像検査

ウェブ:フィルム

ウェブクリーナー:非接触式 スタティックエア

目的:品質管理・検査機の誤作動防止



積層


◆積層

工程:積層

ウェブ:電極(正極板・負極板)

ウェブクリーナー:接触式 ロータークリーン60型

目的:粉塵混入防止



ロール・コイル

◆ロール・コイル

工程:巻取り後、出荷前のロール・コイル端面清掃

異物:ロール・コイル端面の粉

ウェブクリーナー:ロータークリーン60型・エレファント110型

目的:ロール・コイル端面をきれいにして、納品先が要求する清浄度にするため







エアーブローノズル+集塵ノズルでは集塵できないのか?



エアーブローノズルと集塵ノズルを独自に用意して、ロールtoロール工程に設置して除塵対策する場合、次のようなポイントに注意して条件を確認する必要があります。


◆エアーブローが付着異物を除去できているか。


◆異物が静電気でくっつく力を除去できているか。

シートと異物をしっかり除電できていないと、エアーブローしても微細な粉・カスが表面から動かない、という結果になる可能性があります。


◆エアーブローで異物が周辺に飛散していないか。

エアーブローが、微小な切粉・カス・異物を周辺に飛散させて、集塵用フードを設置していても、なかなか吸引できない ということがあります。
周辺の設備・機械を汚したり、生産環境の汚染につながります。


◆適切な集塵機を選定しているか

設置した集塵用フード・集塵ノズルの開口寸法、ダクトホースの直径・配管レイアウト・配管長、をもとに、適切なブロア・集塵機を選定する必要があります。


◆切断粉・切カスを集塵用ノズルから吸引できているか

吸引できていないと、吹き飛ばした異物を周辺にまき散らし、設備・機械を汚したり、生産環境の汚染につながります。




関 連 情 報


◆ドライクリーナー・除塵装置

なぜゴミや異物の問題がなくならないのか
ドライクリーナー・洗浄装置の種類と選び方
シート加工後の微細異物の除塵・集塵に!最高峰のドライクリーナ!

◆除電器・イオナイザ
製造現場の静電気 | 基礎から学び不良低減につなげよう!
除電器・イオナイザの種類と選び方|4つのポイントで早わかり!
除電ブラシで低予算で静電気対策!除電の原理・選び方・使い方をまとめました

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加